KING
TONE
MUSIC
SCHOOL

 

 

 

ジャズピアノに役立つヒント-コードのサボり方


コードは種類が膨大でこれを全て覚えなければ、と思うと途方に暮れてしまいます。各コードトーンは考えれば出てくると思うのですが、実際に演奏する時は、例えばbpm120の曲で2拍ごとにコードが変わる場合、1秒ごとに次のコードが出てくることになります。このスピードの中で電光石火のごとく次のコードを押えるというのは、なかなか簡単なことではありません。そこで初心者の場合、いかにコードを省略するか、を覚えておくと役に立ちます。基本方針として、優先順位が高く、省略できないのは、下から順に、1、3、5です。6、7、テンションなどはサボってもいいでしょう。例えば、G7(♭9)(♭13)というコードに出くわした場合、9と13を無視して、1357で演奏しても曲は成立します。さらに、7に確信がなければ135だけで弾きましょう。間違えた音を弾くくらいなら、手を出さないほうが良いのです。こういったサボり方を覚えておくと、うろ覚えのコードがあっても、とりあえず演奏できます。F♯m7(♭5)が出てきて、F♯の♭5と♭7に確信が持てない場合、とりあえず1と♭3、F♯とAを弾きましょう。これは間違いではありません。曲は壊れることなく、前へ進みます。

キングトーン音楽教室 東京都墨田区江東橋1-14-4 03-3635-4366


TOP   ピアノレッスン   ギターレッスン   サックスレッスン   料金   地図   お問合せ